癒しイメージ

整体やマッサージの「癒し」と「治療」の違いについて

投稿日: カテゴリー: 施術

「癒し」と「治療」

本日もブログをご覧いただき本当にありがとうございます。
奈良で唯一の【慢性腰痛 】専門 オサム整体院の吉岡 収です。

私も長年、いわゆる治療院というところで働いてきましたが、患者さんからよくこんなお話を聞きました。

「○○先生のマッサージは気持ちいいのよ~」

「もうちょっと強く押して欲しいんだけど~」

「強く押してもらったらスッキリするわ~」

などなど、患者さんからの感想も含め、いろんな要望もいただきました(笑)

 

勘違いしてない?整体やマッサージでの『治療』と『癒し』の違い

お褒めの言葉をいただくのは私個人としては嬉しいことなのですが、患者さんだけでなくセラピスト側も大きな間違いをしているのです。

なかなか腰痛が良くならない方の特徴としてよくお聞きするのが、毎週のように長時間全身強めにもみほぐしてもらってました。ということです。

治療と癒し、何が違うのでしょうか?

「治療」とは、病気やけがを治すこと。病気を治癒させたり、症状を軽快にさせるための行為のこと。

「癒し」とは、苦しみや悲しみ、疲れを和らげるもの、さらに広く感情を和ませること、心身ともにくつろいだ状態にするようなこと。

これをごちゃまぜに考えている方が多いです。

患者さんも、セラピストも。

強いマッサージの方が効果が出やすい

長い時間揉んでもらった方が楽になりやすい

全身しっかり揉んでもらった方が痛みが緩和しやすい

このように考えていませんか?

私は医師ではないので「治療します」という言葉は使えませんが、

痛みを取り除くうえで大切なのは、

「根本的な原因に対して、適切な刺激を入れること」

だと思っています。

 

 

『治療』とは短時間で治す整体やマッサージの事

猫にマッサージ

もしあなたが何かしらの手術をするときに、

患部を切開する手術か、内視鏡でする手術か?

3時間かけて手術するか、1時間で手術するか?

結果が同じだとしたら、どちらを選びますか?

間違いなく、内視鏡で短時間で終わらせてもらいたいですよね?

でも、マッサージやもみほぐし、整体に関しては逆の考え方をしてしまっているのですよね。

これが、痛みが良くならない理由だと思われます。

短時間で弱い刺激でいいものを、長時間ぐいぐい押されたり揉まれたりするものだから、なかなか回復していかないのですよ。

強いマッサージを受けた筋肉は、筋線維が破壊されてしまい、それが回復するとその強い圧に耐えれるように、さらに硬い筋肉となってしまいます。

その結果、より強い刺激が必要になり、どんどん回復が遅れて行ってしまう事態に陥ってしまいます。

また、全身まんべんなくもみほぐしてしまうと、いろんなところに刺激が入りすぎてしまい、効果が出にくいという説もあります。

決して「癒し」が悪いということではありません。

気持ちよさを求めて、強い刺激を受け続けるということが良くないのです。

弱い刺激でも、十分身体を変化させることは可能です。

「治療」と「癒し」を分けて考えることで、双方の良さを引き出すことができます。

うまく使い分けて、効果を実感してみてください。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
奈良で唯一の【慢性腰痛】専門 オサム整体院

受付時間:9:00 〜 20:00

不定休

〒631-0011
奈良市押熊町1148-1 パレスサイド平城202
TEL:080-3831-0363
メール:osamuseitaiin@gmail.com
HP : http://osamu-seitai.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇