バキバキ音

強圧のマッサージや、バキボキする矯正は本当に必要なのか?

投稿日: カテゴリー: 施術

本日もブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

奈良で唯一の【慢性腰痛】専門 オサム整体院の吉岡 収です。

 

 

バキバキしなくても、強圧マッサージにしなくても、効果がある!?

本日来院された患者さんから、「ここ凝ってるからギューッと強く押して欲しいの」と言われました。

いやいやそんなことしなくても、やわらかくなりますから!()

「筋肉に強い刺激を与えるともっと硬くなるから、ここをこうやって触ってあげるだけで柔らかくなりますよ。」とお伝えしました。

明らかに半信半疑な雰囲気が施術室を覆いましたが()

1~2分で、自分もびっくりするぐらい柔らかくなりました。

でも一番驚いていたのは、その患者さんでした。

「自分でもぐいぐい押したり揉んだりしていたのが、こんな簡単に。。」と。

 

 

強圧マッサージやバキバキ鳴らすのは逆効果!長引かせる原因

これがこの患者さんの症状を長引かせている原因でもあったわけです。

良かれと思ってやったこと、やっていることが逆効果だったということです。

これは患者さんだけでなく、セラピスト側にも言えることです。

筋肉は強い刺激の方が柔らかくなると、誤った認識をしているのです。

恥ずかしながら、過去の私もそうでした。

患者さんに求められれば、自分の限界近くまで強圧で揉んでみたり。

カイロプラクティックも学びましたので、バキボキする整体も一通りできます。

でもそれで患者さんが良くなったかというと、実際のところそうでもないのですよね。

私の技術不足だったかもしれませんし、ゴッドハンドと呼ばれる先生なら結果も違ったかもしれませんが。

「身体に強い刺激を与えると、緊張が入ってしまい余計に硬くなってしまう」

「弱い刺激を与えると、身体もリラックスしてより柔らかくなりやすい」

この2つをぜひ覚えておいていただけたらと思います。

 

 

人体のメカニズム知ると強圧もバキバキは逆効果とわかる!

肩こりが治る

結局のところ、人体の防御反応というか、防御システムを作動させてはだめだということです。

このことを知ってから、私の施術結果は大きく変わりました。

腰が痛くてベッドに横になれない方に対して、座った状態でも、立った状態でも効果を出すことができますし、妊婦さんであったり、産後のママさんの辛い症状に対しても楽な姿勢で安全に施術を受けてもらうことができます。

それはわざわざ強く押したり揉んだり、ましてやリスクの高いバキボキするような矯正をしなくても効果が出ているからなのです。

きちんと評価して、原因をつかむことができていればさほど難しいことはありません。

ただ私の想いだけでは、あなたの症状を改善することはできません。

もっと強く押して欲しい!

もっと強く揉んでほしい!

バキボキする整体を受けたい!

というのであれば、それはそれでいいのかもしれません。

あくまでも私なりの見解ですし、好き嫌いもあるでしょうから。

でも症状に変化が見られないのでしたら、一度根本的なところから見直してみるといいのかもしれませんね。

最後までブログをご覧いただきありがとうございます。