脊柱管狭窄症で手術をすすめられるほど辛かった足のしびれが改善した??

投稿日: カテゴリー: 腰痛

本日もブログをご覧いただき本当にありがとうございます。
奈良で唯一の【慢性腰痛 】専門 オサム整体院の吉岡 収です。

皆さま、3連休はいかがお過ごしでしょうか?
お休みの日は、普段できないことや、なかなか行けないところにも出かけたり、充実したお休みになるといいですね。
私も施術の合間に、ずっと行きたかったセミナーに行ったり、聞きたかったお話を聞きに行ったりと、普段は一人で物事を考えるような仙人みたいな生活をしていますが、たくさんの仲間との交流もでき、またやる気にスイッチが入りました。
また皆さんにも、しっかりとアウトプットして、少しでもお役に立てればと思います。
また今年は、高校野球の予選であったり、甲子園にも訪れて、ちょっと夏休みを満喫してみたいなと思います。

さて、本日ご来院いただいた50代女性の方。
右脚の外側にしびれが出て、長時間歩くことができないとのこと。
腰も痛むが、しびれ感の方が強い。
病院に行ったら「脊柱管狭窄症」と言われたそうです。
治療は、やはりシップと痛み止め(笑)
これで様子を見て、しびれが変わらなければ手術をした方が…とも言われたとのことでした。

 

 

脊柱管狭窄症とは一体?あしの痺れと関係あるの?

脊柱管狭窄症とは、脊椎の中央にある脊柱管が狭くなり、中にある神経を圧迫してしまうことによって、痛みやしびれを引き起こす症状です。
ほとんどが後天性のものであり、特に筋力が衰え、軟骨や骨が変形しやすい高齢の方に多く発症しています。

その方は、足がしびれるのは、「姿勢が悪いから…」「背骨が歪んでいるから…」「骨盤が歪んでいるから…」「手術もしょうがないのかな…」と思っておられるようでしたが。

実際のところはどうなのでしょうか?

確かに腰痛の方の多くは骨盤が歪んでいます。骨盤のアライメントが崩れています。
しかし、骨盤や背骨の歪みはあくまで結果であって、背骨や骨盤を歪ませる原因には「筋・筋膜」が大きく影響しています。

実際に評価を進めていくとやはりこの筋肉が。
腰痛の方のほとんどがこの筋・筋膜が硬くなっています。

 

 

あしの痺れと腰痛は、一度ここを評価してみましょう!

その筋肉は……

「大殿筋(だいでんきん)」、お尻の筋肉です。

この大殿筋は腰の筋・筋膜と繫がっています。
そして、お尻の筋肉は骨盤にくっ付いています。
つまり、背骨や骨盤の骨は骨だけが勝手に歪むのではなく、その周りの組織が硬くなることで引っ張られ歪みができていきます。

骨盤にくっ付いているお尻や腰の筋・筋膜に硬さができてしまうと、結果的に骨盤を歪ませてしまう原因になるのです。

長く歩いたり、長く立っていると腰が痛くなるという経験がある方は多いのではないでしょうか?

この方に関しては、大殿筋ゆるめて、うまく動くように調整すれば症状はほぼなくなりました。

同じような症状をお持ちの方は、ここで一つ試してみてください!!

もし長時間歩いたり、立っていた時に腰が痛くなったら…
手をグーにして、お尻の筋肉をギュッと押しながら、歩いてみてください。押しながら立ってみてください。

フッと腰が軽くなる感じや腰の痛みが和らぐ感じがあると思います。

腰が軽くなる感じや痛みが和らぐようであれば、あなたの腰痛は実はお尻の筋肉の硬さが原因の一つなのかもしれません。

 

 

そのあしの痺れ、腰痛は身体からのサインかもしれませんよ!?

もう何か月も同じような治療を受けても何の変化もなかったり、ずっと痛み止めであったり湿布薬を使用されている方は、一度視点を変えての施術をお勧めします。
おそらく、このままでは何の変化も起こらないでしょう。
良くなるタイミングなどはありませんよ。

また痛みというものは、身体の大事なサインであることを忘れないでください。
痛みがあるからこそ、身体が壊れないように動きが制限されているのです。
その大事なサインを見過ごし、警報機が鳴っていてもそれを遮断してしまっては、身体が良くなるどころか今以上に悪くなってしまう恐れもあります。
薬は諸刃の剣です。
そのことを再認識してください。

一度、あなたその痛みの原因を突き止めてみませんか?

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
奈良で唯一の【慢性腰痛】専門 オサム整体院

受付時間:9:00 〜 20:00

不定休

〒631-0011
奈良市押熊町1148-1 パレスサイド平城202
TEL:080-3831-0363
メール:osamuseitaiin@gmail.com
HP : http://osamu-seitai.com/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇